お知らせ
本研究センターからのお知らせです。
釜石市の児童・生徒に対する義援金の御礼と受付期間延長のお知らせ
平成23年6月10日
群馬大学広域首都圏防災研究センター長・教授 片田敏孝
 この度は、釜石市の児童・生徒への進学・就学支援に対しまして、多くの方々にご協力いただきまして、誠にありがとうございました。釜石市教育委員会より、平成23年6月8日までの入金状況と義援金の配分方法についてご連絡をいただきましたので、ここでご報告させていただきます。
【入金】
19,602,595円
【支払金】
4,400,000円 (津波によって被災した平成23年度から高校・中学校に進学する生徒・児童220人に、進学準備金として1人20,000円を支払った)
【差引残金】
15,202,595円 (平成23年6月8日現在)
【配分方法】
被災状況に応じて、以下のように義援金を配分することを検討しています。(若干の変更が生じる可能性もあります)
 これまでに配分した金額と上記の配分予定金の合計は、18,735,000円となり、残高は、867,595円となります。残高につきましては、被災した子どもたちに再配分を検討するほか、被災した小中学校の備品等の購入なども含めて、釜石の子どもたちの教育環境の整備に充てさせていただきます。
義援金受付の継続について
 釜石市では、3つの小中学校(鵜住居小学校、唐丹小学校、釜石東中学校)が被災し、校舎の建て替えが必要な状況になってしまいました。現在、3校に通う子どもたちは、市内の別の学校を間借りして、授業を再開しており、今秋以降を目処に仮設校舎の建設を予定しています。被災した3小中学校は教育に必要な全ての資材や備品が津波によって流されてしまいました。そこで、これらの教育環境の整備を支援するために当分の間、引き続き、義援金の受付を継続させていただくこととなりました。ご支援、ご協力をお願いいたします。
【支援金の振込先】 ※平成23年7月29日より以下の口座番号に変更になりました。
振込先銀行名: 岩手銀行
支店名: 釜石支店(支店番号036)
口座番号等: 普通預金 2050929
口座名義人名: 釜石市教育委員会 委員長 及川好 (オイカワコノム)
【受付期限】
平成23年12月31日 (状況によって、これ以後も継続する場合あり)
ドイツからも義援金をお預かりしました
 独日協会連合副会長の橋本孝宇都宮大学名誉教授に仲介していただき、ドイツにあるReileifzenという小さな村の皆さんから義援金をいただきました。日独協会の皆さんは、釜石の子どもたちのこれまでの活動とこの度の避難の様子を知り、いろいろと支援を考えていただいているそうです。関係者の皆様に御礼申し上げます。
平成23年4月15日
埼玉県川越市内にて義援金を受け取る
右:Felicitas Bohmamさん
中:橋本孝宇都宮大学名誉教授
左:金井昌信助教
平成23年5月5日
釜石市教育委員会にて義援金をお渡しする
右:横手勝美指導主事
中:河東眞澄教育長
左:片田敏孝教授
本研究センターでは、群馬大学工学部社会環境デザイン工学科内に設置されています。 社会環境デザイン工学科HPはこちらから
交通案内
リンク
当サイトのご利用にあたって
copyright Reseach Center for Disaster Prevention in The Extended Tokyo Metropolitan Area,Gunma University,all rights reserved