本文へスキップ

群馬大学理工学研究院 環境創生部門 構造・コンクリート分野 構造研究室

TEL. 0277-30-1610

〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1, 7号館4階413号室

研究業績リストPUBLICATION LIST

博士論文(博士(工学))

A study on effective numerical method for environmental vibration and noise induced by a moving train (2006年3月,東京工業大学) *Dr.論文は全文英語で書いています.日本語版はありません

受賞歴

  1. 2007年5月 日本非破壊検査協会新進賞
  2. 2008年6月 日本シミュレーション学会奨励賞
  3. 2009年5月 日本計算工学会論文賞(2編同時受賞)
  4. 2010年5月 日本計算工学会グラフィックスアワード優秀賞
  5. 2012年8月 日本応用数理学会2012年度年会優秀ポスター賞(学生発表)
  6. 2013年3月 第62回理論応用力学講演会優秀講演賞(共著学生:丸山泰蔵君受賞)
  7. 2013年9月 土木学会論文集A2(応用力学)論文賞
  8. 2013年12月 土木学会全国大会優秀講演賞(共著学生:丸山泰蔵君受賞)
  9. 2014年12月 土木学会全国大会優秀講演賞(共著者:古川陽助教受賞)
  10. 2014年12月 日本計算数理工学会講演賞(共著者:丸山泰蔵君受賞)
  11. 2015年12月 土木学会全国大会優秀講演賞(共著者:古川陽助教受賞)
  12. 2016年3月 H27年度安全・安心な社会を築く先進材料・非破壊計測技術シンポジウムポスター賞(共著者:森亜也華さん受賞)
  13. 2016年4月 第30回リバネス研究費 L-RAD賞受賞
  14. 2016年5月 土木学会論文集A2(応用力学)奨励賞(丸山泰蔵助教受賞)
  15. 2016年10月 平成28年度非破壊検査協会秋季講演大会新進賞(稲垣祐生君受賞)NEW!
  16. 2016年12月 土木学会全国大会優秀講演賞(森亜也華さん受賞)NEW!
  17. 2017年2月 第19回応用力学シンポジウムポスター賞(森亜也華さん受賞)NEW!
  18. 2017年3月 第44回土木学会関東支部技術研究発表会優秀講演賞(大芦健太君受賞)NEW!

査読付学術論文

  1. 斎藤隆泰・廣瀬壮一:三次元高速多重極境界要素法を用いた移動音源に伴う音響場解析,境界要素法論文集,vol.20,pp.67-72,(2003)
  2. 斎藤隆泰・土戸研一・廣瀬壮一:列車走行に伴う環境振動解析のための2.5D-3D高速多重極境界要素・結合解法の開発,応用力学論文集,vol.7,pp.255-262,(2004)
  3. T.Saitoh, K.Tsuchido and S.Hirose:Numerical analysis of train-induced vibration around a barrier with finite length, The 18th Australasian Conference on the Mechanics of Structures and Materials, vol.1,pp.393-399,(2004)
  4. 斎藤隆泰・永井浩二・廣瀬壮一:2.5-D BEM・3-D Diagonal form多重極境界要素法を用いた列車走行に伴う環境振動解析,境界要素法論文集,vol.21,pp.27-32,(2004)
  5. S.Hirose, T.Saitoh and N.Chouw:Effectiveness of a wave barrier in reducing moving-load induced building vibrations, Al-Azhar Univ. Engineering Journal, vol.8-1,pp.417-426,(2005)
  6. 斎藤隆泰・永井浩二・廣瀬壮一:高速多重極境界要素法を用いた複合材料の弾性波動解析,計算数理工学論文集,vol.5,pp.37-42,(2005)
  7. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:列車走行に伴う環境振動・騒音の三次元解析に関する研究,計算数理工学レビュー,No.2006-2,pp.17-32,(2006)
  8. 廣瀬壮一・斎藤隆泰:多重極境界要素法を用いた騒音・振動問題の解析,騒音・振動研究会発表資料,資料番号N-2006-29, (2006)
  9. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:演算子積分法を用いた時間領域境界要素法の開発と超音波非破壊評価への応用,計算数理工学論文集,vol.6-2,pp.109-114,(2006)
  10. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:大深度地下鉄道振動の基礎杭の影響に関する3次元解析,計算数理工学論文集,vol.7-1,pp.73-78,(2007)
  11. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄・石田貴之:三次元スカラー波動および弾性波動問題における演算子積分時間領域境界要素法,応用力学論文集,vol.10,pp.217-224(2007)
  12. 斎藤隆泰・石田貴之・福井卓雄・廣瀬壮一:粘弾性面外波動問題における演算子積分時間領域境界要素法および高速多重極法の適用、計算工学論文集,原稿番号No.20080011, (2008)
  13. 斎藤隆泰・石田貴之・福井卓雄・廣瀬壮一:演算子積分法および高速多重極法を用いた新しい二次元時間領域動弾性境界要素法について,応用力学論文集,土木学会,Vol.11, pp. 193-200, (2008)
  14. 斎藤隆泰・福井卓雄・廣瀬壮一・石田貴之:粘弾性面内波動問題における演算子積分時間領域境界要素法および高速多重極法の適用、計算工学論文集,論文番号No.2008002.(2008)
  15. T. Saitoh, S. Hirose and T. Fukui: Convolution quadrature boundary element method and acceleration by fast multipole method in 2-D viscoelastic wave propagation, Theoretical and Applied Mechanics Japan, vol. 57, pp. 385-393,(2009)
  16. 斎藤隆泰・中畑和之・古田雄輔・廣瀬壮一:時間域境界要素法を用いた非線形超音波法における高調波の励起シミュレーション,計算数理工学論文集,vol.9,pp.31-36,(2009)
  17. T. Saitoh, K. Nakahata and S. Hirose: Improved time-domain BEM analysis for a solid-solid interface with contact boundary conditions, Theoretical and Applied Mechanics Japan, vol. 58, pp.9-17(2010)
  18. T. Saitoh, Ch. Zhang and S. Hirose: Large-scale multiple scattering analysis of SH waves using FMBEM in time-domain, Proc. the second international symposium on computational mechanics (ISCMU)in conjunction with the twelfth international conference on the enhancement and promotion of computational methods in engineering and science (EPMESC]U),pp.1196-1201,(2009)
  19. T. Saitoh and S. Hirose: 3-D analysis of the influence of a pile on underground induced vibrations using the boundary element method, Special issue on Journal of mechanical systems for transportation and logistics, vol.3,No.1,pp.259-270,(2010)
  20. 天間祐輔・工藤圭・斎藤隆泰・廣瀬壮一:演算子積分法を用いた時間領域境界要素法による電磁超音波の解析,応用力学論文集, vol.13, 土木学会, pp.187-194, (2010)
  21. T. Saitoh and S. Hirose: Parallelized fast multipole BEM based on the convolution quadrature method for 3-D wave propagation problems in time-domain, IOP Conf. Series: Materials Science and Engineering 10, 012242,(2010)
  22. 斎藤隆泰・田中遊雲・廣瀬壮一:3次元異方性弾性波動問題におけるLubichの方法を用いた時間領域境界要素法,計算数理工学論文集, vol.10, pp.111-116,(2010)
  23. 斎藤隆泰:境界要素法(BEM)を用いた超音波シミュレーション, 非破壊検査,vol.60,特集号,超音波シミュレーションの展開, pp.210-215, (2011).
  24. 斎藤隆泰・丸山泰蔵・廣瀬壮一:流体-固体連成問題のための演算子積分時間領域境界要素法および空気超音波シミュレーションへの応用, 土木学会論文集A2(応用力学), Vol. 67, No. 2 (応用力学論文集 Vol. 14), I_145-I_152, 2011.9月6日発表,愛媛大学
  25. 斎藤隆泰・古田雄輔・廣瀬壮一・中畑和之:2次元動弾性時間領域境界要素法を用いた非線形超音波法における高調波の励起シミュレーション, 土木学会論文集A2(応用力学), Vol. 67, No. 2 (応用力学論文集 Vol. 14), I_161-I_169, 2011.2011.9月6日発表,愛媛大学
  26. T. Saitoh and S. Hirose:New time-domain boundary element method based on the convolution quadrature method for 2-D wave propagation problems, Theoretical and Applied Mechanics Japan, vol.60, pp.307-315, (2012)
  27. 斎藤隆泰・瀬川尚揮・石田貴之・廣瀬壮一:並列化された演算子積分時間領域高速多重極境界要素法を用いた大規模多重散乱解析, 計算数理工学論文集, vol.11, pp.95-100,(2011),12月16日発表,香川大学
  28. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:空気超音波法に対する波動伝搬解析,非破壊検査,vol.61,No.3,pp.111-112,(2012)
  29. 斎藤隆泰・近澤文香・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法を用いた飽和多孔質弾性体における大規模波動散乱解析, 土木学会論文集A2(応用力学), vol.68,pp.187-197,2012.
  30. 古川陽・田中遊雲・斎藤隆泰・廣瀬壮一:2次元異方性弾性波動問題に対する演算子積分時間領域境界要素法,応用力学論文集A2(応用力学),vol.68,pp.269-278,2012.
  31. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:陰的Runge-Kutta法を用いた演算子積分時間領域境界要素法および3次元スカラー波動問題への応用,計算数理工学論文集,vol.12,pp91-96, 2012.
  32. 伊海田明宏・斎藤隆泰・廣瀬壮一:ACA境界要素法を用いた時間調和SH波の多重散乱解析,計算数理工学論文集,vol.12, 京都大学, pp.85-90, 2012.
  33. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性媒質中のき裂による2次元散乱解析に対する演算子積分時間領域Galerkin境界要素法, 計算数理工学論文集,vol.12, pp.49-54, 2012.
  34. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法による2次元異方性飽和多孔質弾性体中の波動解析, 土木学会論文集A2(応用力学), pp.I_203--I_213, 2013.9/3東京大学柏キャンパス
  35. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:3次元スカラー波動問題に対する陰的Runge-Kutta 法を用いた演算子積分時間領域高速多重極境界要素法, 土木学会論文集A2(応用力学),Vol.69, No.2, (応用力学論文集Vol.16),I_175-I_185, 2013, 9/3東京大学柏キャンパス
  36. 斎藤隆泰・増村佳大・廣瀬壮一:2次元波動伝搬問題に対する積分核に依存しない演算子積分時間領域高速多重極境界要素法,計算数理工学論文集,(2013),pp.121-126,洞爺観光ホテル
  37. 伊海田明宏・斎藤隆泰・廣瀬壮一:ACAによる演算子積分時間領域境界要素法の効率化,計算数理工学論文集,(2013),pp.127-132,洞爺観光ホテル
  38. A. Furukawa, T. Saitoh and S. Hirose:Convolution quadrature time-domain boundary element method for 2-D and 3-D elastodynamic analyses in general anisotropic elastic solids, Engineering Analysis with Boundary Elements vol.39,pp.64-74(2014)
  39. S.Hirose and T. Saitoh: Numerical simulation of nonlinear ultrasonic waves due to bi-material interface contact, Journal of Physics.: Conf. Ser. 520 012001,(2014)
  40. T. Saitoh, F. Chikazawa and S. Hirose: Convolution quadrature time-domain boundary element method for 2-D fluid-saturated porous Media, Applied mathematical modelling,vol.38, pp.3724-3740,(2014)
  41. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一: CQ-BEMを用いた非線形超音波の3次元シミュレーション,土木学会論文集A2(応用力学),vol.70, pp.235-246,(2014)
  42. 斎藤隆泰・金井翔平・丸山泰蔵・古川陽・廣瀬壮一: 演算子積分時間領域境界要素法を用いた接触境界条件を考慮した3次元クラックによる弾性波動散乱解析,計算数理工学論文集vol.14, pp.31-36,(2014)
  43. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:音響波動-弾性波動連成問題に対する陰的Runge-Kutta法を用いたCQ-FMBEM,計算数理工学論文集vol.14,pp.55-60,(2014)
  44. 中畑和之・矢野智之・川村郡・斎藤隆泰・廣瀬壮一:骨材による多重散乱を考慮したコンクリート中の超音波の3次元伝搬シミュレーションと実験波形による検証, 土木学会論文集A2(応用力学),vol.70,pp.203-211,(2014)
  45. Z. Kan, T.Q.Bui, D.D.Nguyen, T.Saitoh and S.Hirose:An extended consecutive-interpolation quadrilateral element (XCQ4) applied to linear elastic fracture mechanics, Fatigue and fracture of engineering materials and structure, Acta Mechanica, vol.226, pp.3991-4015, (2015), DOI:10.1007/s00707-015-1451-y.
  46. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:時間方向に高速化された3次元音響波動問題に対するCQ-BEM,計算数理工学論文集vol.15,pp.67-72,(2015),三重県伊勢市 伊勢二見浦 朝日館,12月4日発表
  47. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性飽和多孔質弾性体の3次元弾性波動問題を対象とした周波数領域境界要素法の開発,土木学会論文集A2(応用力学),vol.71,No.2 (応用力学論文集Vol.18), pp.I_255-I_266, 2015
  48. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:接触条件を考慮したき裂による2次元分調波励起シミュレーション,土木学会論文集A2(応用力学),vol.71,(2015),No.2, (応用力学論文集vol.18),pp.I_299-I_310, 2015
  49. T. Maruyama, T. Saitoh, T. Q. Bui and S. Hirose: Transient elastic wave analysis of 3-D large-scale cavities by fast multipole BEM using implicit Runge-Kutta convolution quadrature, Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering, vol.303, pp.231-259,doi:10.1016/j.cma.2016.02.002, (2016)
  50. T. Q. Bui, S. Hirose, C. Zhang, T. Rabczuk, T. Saitoh and J. Lei:Extended Isogeometric Analysis for Dynamic Fracture in Multiphase Piezoelectric/Piezomagnetic Composites, Mechanics of Materials,vol.97,pp.135-163,doi:10.1016/j.mechmat.2016.03.001,(2016)
  51. Z. Kang, T. Q. Bui, T. Saitoh and S. Hirose:Quasi-static crack propagation simulation by an enhanced nodal gradient finite element with different enrichments, Theoretical and applied fracture mechanics, vol.87, pp. 61-77, (2017), DOI: 10.1016/j.tafmec.2016.10.006
  52. 斎藤隆泰・市川諒・稲垣祐生:2次元波動伝搬問題に対する演算子積分時間領域境界要素法・イメージベース有限要素法結合解法, 計算数理工学論文集vol.16, pp.1-6, (2016)
  53. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:き裂面の接触音響非線形性による分調波発生現象の3次元数値シミュレーション,土木学会論文集A2(応用力学), vol.72, No.2, pp.217-226, (2016)
  54. 斎藤隆泰・下田瑞斗・稲垣祐生・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法を援用した異方性板内部の欠陥に対する順解析および逆散乱解析,土木学会論文集A2(応用力学),vol.72, No.2, pp.237-246, (2016)
  55. K. Kimoto, K. Nakahata and T. Saitoh: An elastodynamic computational time-reversal method for shape reconstruction of traction-free scatterers, wave motion, pp.23-40, (2017)
  56. 斎藤隆泰・稲垣祐生・下田瑞斗:異方性弾性体中の欠陥に対する2次元逆散乱解析,非破壊検査,vol. 66, No.2, pp.84-89, (2017)
  57. T. Saitoh and A. Mori:Development of new elastic constant estimation method using the laser ultrasonic visualization testing, Civil, Architecture and Environmental Engineering, vol.1, pp. 669-674, DOI: 10.1201/9781315116259-118, (2017)
  58. T. Saitoh, T. Maruyama and A. Furukawa: Simulation of nonlinear ultrasonic waves in anisotropic materials using convolution quadrature time-domain boundary element method, Civil, Architecture and Environmental Engineering, vol.1, pp. 451-456, (2017), DOI: 10.1201/9781315116259-76
  59. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:凍結した多孔質体の面外波動解析のための演算子積分時間領域境界要素法,土木学会論文集A2(応用力学),査読中NEW!
  60. 溝上尚弥・中畑和之・黄木景二・堤三佳・森亜也華・斎藤隆泰:レーザースキャンによる音響異方性を有するCFRP中の超音波の可視化と弾性スティフネスの推定,土木学会論文集A2(応用力学),査読中NEW!
  61. T. Maruyama, T.Saitoh and S. Hirose:Numerical study on sub-harmonic generation due to interior and surface breaking cracks with contact boundary conditions using time-domain boundary element method, International Journal of Solids and Structures, 採択決定済, (2017)NEW!
  62. 野口豪気・斎藤隆泰:MPS法を用いた非線形超音波法における高調波の励起シミュレーション,計算数理工学論文集, vol.17, (2017),掲載決定済NEW!
  63. 稲垣祐生・斎藤隆泰・古川陽・廣瀬壮一:一方向炭素繊維強化CFRP中の欠陥に対する逆散乱解析,計算数理工学論文集, vol.17, (2017),掲載決定済NEW!
  64. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:周波数領域境界要素法とACAによる凍結した多孔質体内部の介在物による波動散乱解析,計算数理工学論文集, vol.17, (2017),掲載決定済NEW!

総説・解説

  1. 斎藤隆泰・廣瀬壮一:大規模波動解析のための高速多重極境界要素法の開発,東京工業大学土木工学科研究報告,第65号,pp.109-122,(2002)
  2. 福井卓雄・斎藤隆泰:Lubichの演算子積分法における高速多重極法,日本シミュレーション学会論文誌,小特集:境界要素法の新展開,vol.28 No.3,pp.17-22, (2009)
  3. 斎藤隆泰:構造物の診断と超音波非破壊評価, 北関東産官学研究会技術情報誌HiKaLO,No.44,pp.8, (2012)
  4. 応用力学委員会計算力学小委員会, 土木工学における計算力学手法の研究動向, 土木学会論文集A2(応用力学),vol.68,pp.31-50,(2012)
  5. 中畑和之・斎藤隆泰・木本和志:波動伝搬シミュレーターを援用した時間反転法による非均質材料中の欠陥の映像化,超音波TECHNO,vol.27,No.1,pp.78-82,(2015)
  6. 中畑和之・黄木景二・斎藤隆泰:炭素繊維強化樹脂中を伝搬する超音波の可視化計測とシミュレーション,超音波TECHNO,vol.29,No.4,pp.69-74,(2017)
  7. 斎藤隆泰:シミュレーション技術とVR可視化, 北関東産官学研究会技術情報誌HiKaLO,投稿中 (2017)NEW!
  8. 斎藤隆泰:種々の波動問題に対する積分核に依存しない演算子積分時間領域高速多重極境界要素法の開発, 京都大学学術情報メディアセンター全国共同利用版広報,投稿中 (2017)NEW!
  9. 斎藤隆泰:異方性弾性体中の欠陥に対する二次元逆散乱解析,超音波TECHNO ,投稿中 (2017)NEW!

国際会議における発表

  1. T.Saitoh, A.Gunawan and S.Hirose:Application of fast multipole boundary element method to scattering analysis of SH Lamb waves by lap joint, 29th Annual Review of progress in Quantitative Nondestructive Evaluation, American Institute of Physics, vol.21,pp.1103-1110,(2002)
  2. T.Saitoh, A.Gunawan and S.Hirose:Application of fast multipole boundary element method to scattering analysis of SH guided waves by a T-shaped joint, Proceedings of the Fourth Regional Symposium on Infrastructure Development in Civil Engineering(RSID4), pp.345-354,(2003)
  3. S.Hirose, T.Saitoh and K.Nagai:Multiple scattering analysis of elastic waves using fast multipole boundary element method, The 1st International Conference on Advanced NondestructiveEvaluation, Jeju,Korea,November,(2005)(口頭発表のみで論文なし)
  4. K.Nakahata, T.Saitoh and S.Hirose:3-D flaw imaging by inverse scattering analysis using ultrasonic array transducer, The 1st International Conference on Advanced Nondestructive Evaluation,Jeju,Korea, (2005)(ポスター発表)
  5. T.Satoh, S.Hirose and T.Fukui:Application of fast multipole boundary element method to multiple scattering analysis of acoustic and elastic waves, 34th Annual Review of Progress in Quantitative Nondestructive Evaluation, pp.79-86,(2006)
  6. K.Nakahata,T.Saitoh and S.Hirose:3-D flaw imaging by inverse scattering analysis using ultrasonic array transducer, 34th Annual Review of Progress in Quantitative Nondestructive Evaluation, pp.717-724,(2006)
  7. T.Saitoh, S.Hirose and T.Fukui:Development of an operational quadrature boundary element method for 3-D wave analysis and its application to ultrasonic simulation, Proceedings of the Fifth Regional Symposium on Infrastructure Development in Civil Engineering (RSID5), (2006)(CD-ROM収録)
  8. T.Saitoh,K.kimoto and S.Hirose:Development of a new time-domain boundary element method in 3-D elastodynamics for seismic analysis, Fourth International Conference on Urban Earthquake Engineering, (2007)
  9. K.Nakahata, S.Hirose, T.Saitoh and T.Fukui: Simulation of scattered wave from rough surface crack using fast multipole BEM, The International Conference on Computational Methods 2007, Hiroshima, Japan,(2007),pp. 116, April, 6th.
  10. T.Ishida, T.Saitoh and T.Fukui:Time-domain boundary element method derived by operational quadrature method and acceleration by fast multipole method in 2-D elastodynamics,The international Conference on Computational Methods 2007,Hiroshima,Japnan,(2007), pp. 263.April, 5th.
  11. T.Saitoh, T.Ishida, S.Hirose and T.Fukui:Development of a time-domain fast multipole BEM based on the operational quadrature method in a wave propagation problem, International Conference on Boundary Element Techniques 2007,Advances in boundary element techniques [, pp. 355-360, Naples, Italy, (2007).July,25th.
  12. T. Saitoh, S. Hirose, T. Ishida and T. Fukui:Time-domain boundary element method derived by operational quadrature method and acceleration by fast multipole method in 3-D scalar wave propagation problem, APCOM’07 in conjunction with EPMESC XI, December 6, 2007, Kyoto, JAPAN(CD-ROM 収録)
  13. T. Saitoh, T. Ishida, T. Fukui and S. Hirose: Development of a time-domain fast multipole BEM based on the operational quadrature method in 2-D elastodynamics, Advances in Boundary Element Techniques \, pp. 339-346, International Conference on Boundary Element Technique 2008, Seville, Spain, July, (2008).
  14. T. Saitoh and S. Hirose: 3-D analysis of the influence of a pile on underground-induced vibrations using the boundary element method ,International Symposium on Speed-up, Safety and Service Technology for Railway and Maglev Systems (STECH'09), June, 2009
  15. S. Hirose and T. Saitoh: 3-D time-domain fast multipole BEM based on the convolution quadrature method for seismic analysis, Sixth International Conference on Urban Earthquake Engineering, Tokyo, Japan, 2009, pp. 501-506.
  16. T. Saitoh, Ch. Zhang and S. Hirose: Large-scale multiple scattering analysis of SH waves using time-domain FMBEM, Advances in Boundary Element Techniques ], pp.159-164, International Conference on Boundary Element Technique 2009, Athens, Greece, July, (2009)
  17. S. Hirose and T. Saitoh: Parallelized fast multipole BEM for seismic analysis in time-domain, 7th International Conference on Urban Earthquake Engineering & 5th International Conference on Earthquake Engineering (7CUEE & 5ICEE), pp.1537-1542,(2010).
  18. T. Saitoh, Y. Furuta and S. Hirose: Simulation of non-linear ultrasonic wave using new time-domain BEM, The Fourth Japan-US symposium, engineering NDE capabilities for a safer world, pp. 269-274, (2010)
  19. S. Hirose, Y. Tenma and T. Saitoh: Application of convolution quadrature method to electromagnetic acoustic wave analysis, International Conference on Boundary Element Technique 2010, Advances in Boundary Element Techniques XI, pp.227-230, (2010)
  20. S. Hirose and T. Saitoh: Time domain bem for large scale wave analysis, Proc. 2010 taiwan-japan symposium on the advancement of urban earthquake hazard mitigation technology, sept. 20-21, 2010, national central university, jhongli city, taoyuan county, taiwan, pp. 97-100, (2010).
  21. S. Hirose and T. Saitoh:Boundary element approach for simulation of electromagnetic acoustic transducer Review of progress in Quantitative Nondestructive Evaluation, American Institute of Physics, (2011)
  22. S. Hirose and T. Saitoh: New formulation for the convolution quadrature based fast multipole boundary element method in 3-D wave propagation problems, ICCES Special Symposium on Meshless & Other Novel Computational Methods, Sep. 10,(2011).
  23. T. Saitoh, S. Hirose and Ch. Zhang: Large-scale multiple scattering analysis of elastic waves using the fast multipole BEM based on the convolution quadrature method, Third international symposium on computational mechanics(ISCMV), Second symposium on computational structural engineering(CSEU), pp.458-459, Dec. (2011), Taipei, TAIWAN
  24. A. Furukawa, T. Saitoh, Y. Tanaka and S. Hirose: Convolution Quadrature Based Boundary Element Method for Elastic Wave Propagation in General Anisotropic Media, Third international symposium on computational mechanics(ISCMV), Second symposium on computational structural engineering(CSEU), pp.460-461, Dec.5 (2011), Taipei, TAIWAN
  25. K. Nakahata, S. Ichikawa, T. Saitoh and S. Hirose: Acceleration of the 3D image-based FIT with an explicit parallelization approach, Review of progress in Quantitative Nondestructive Evaluation, American Institute of Physics, pp.769-776 (2012)
  26. A. Furukawa, T. Saitoh and S. Hirose: Boundary element approach and its parallelization for seismic wave analysis in Time-Domain, The 9th International Conference on Urban Earthquake Engineering and 4th Asia Conference on Earthquake Engineering Joint Conference (9CUEE & 4ACEE), (2012) (CD-ROM収録)
  27. T. Saitoh, A. Furukawa and S. Hirose:Parallelization of convolution quadrature based boundary element method for general anisotropy, ECCOMAS2012, Austria, Sept.11,(2012),(CD-ROM収録)
  28. B. Wang, S. Hirose, T. Saitoh and K.Nakahata: Inverse scattering of guided waves for shape reconstruction of plate thinning, ECCOMAS2012, Austria, Sept. (2012),(CD-ROM収録)
  29. T. Saitoh, F. Chikazawa and S. Hirose: Development of convolution quadrature boundary element method for 2-D poroelastic wave propagation, 23rd International Congress of Theoretical and Applied Mechanics (ICTAM2012), (CD-ROM収録)
  30. A. Furukawa, Y. Tanaka, T. Saitoh, S. Hirose and Ch. Zhang: Convolution quadrature boundary element method for 3D elastodynamic analysis of general anisotropic elastic solids, 23rd International Congress of Theoretical and Applied Mechanics (ICTAM2012),Aug.21,2012 (CD-ROM収録)
  31. T. Maruyama, T. Saitoh and S. Hirose: Wave propagation analysis using Runge-Kutta based convolution quadrature boundary element method, International workshop on information & computation in civil & environmental engineering (ICCEE2012), pp.3-4, Sept.19, (2012), Ehime, Japan.
  32. A. Furukawa, T. Saitoh and S. Hirose: Convolution quadrature boundary element method for two-dimensional wave scattering analysis by a crack, International workshop on information & computation in civil & environmental engineering (ICCEE2012), pp.1-2, Sept.19, (2012), Ehime, Japan.
  33. T. Saitoh, T. Maruyama, A. Ikaida and S. Hirose: Fast multipole boundary element method and adaptive cross approximation simulation of ultrasonic NDE, International workshop on information & computation in civil & environmental engineering (ICCEE2012), pp.9-10, Sept.19, (2012), Ehime,Japan.
  34. T. Saitoh and S. Hirose: Simulations of nonlinear ultrasonic NDT using a convolution quadrature time-domain boundary element method, Tokyo Tech-KU joint seminar on infrastructure development, Bangkok, Thailand, Nov.1, pp.41-44,(2012), Kasetsart University, Thailand.
  35. S. Hirose, T. Saitoh, T. Maruyama and F. Chikazawa: Application of CQ-BEM to wave propagation analyses in time-domain, Tokyo Tech-KU joint seminar on infrastructure development, Bangkok, Thailand, Nov.1, pp.128-135, Kasetsart University, Thailand, (2012)
  36. T. Saitoh, F. Chikazawa and S. Hirose: Large-scale transient poroelastodynamic analysis using convolution quadrature time-domain boundary element method, 4th International Conference on Computational Methods (ICCM2012), Nov.28, (2012), Crowne Plaza, Gold Coast, Australia, (CD-ROM収録)
  37. A. Furukawa, T. Saitoh and S. Hirose: Two-dimensional elastic wave scattering analysis by a crack for general ani-sotropy using convolution quadrature boundary element method, 4th International Conference on Computational Methods (ICCM2012), Nov.28, (2012), Crowne Plaza, Gold Coast, Australia, (CD-ROM収録)
  38. A. Furukawa, F. Chikazawa, T. Saitoh and S. Hirose: 2-D wave analyses for fluid-saturated porous solids using convolution quadrature boundary element method 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering, March 1-2, 2013, Tokyo Institute of Technology, Japan, (CD-ROM収録)
  39. S. Hirose and T. Saitoh: Numerical simulation of nonlinear ultrasonic waves due to bi-material interface contact, LU2013(3rd International Symposium on Laser Ultrasonics and Advanced Sensing), Yokohama, Japan, (CD-ROM収録), (2013).
  40. T. Maruyama and T. Saitoh and S. Hirose: Simulation for Air-Coupled Ultrasound Testing Using Time-Domain BEM, Review of progress in Quantitative Nondestructive Evaluation, vol.33A, pp.550-55, (2014).
  41. T. Saitoh, A. Furukawa and S. Hirose: 3-D transient analysis of elastic wave scattering by a crack using a convolution quadrature based boundary element method, The 2013 International Conference on Interaction & Multiscale Mechanics (AIMM13),pp.1567-1572,9,Sept.,2013, Jeju, Korea.
  42. S. Hirose, T. Maruyama and T. Saitoh: Numerical simulation of nonlinear ultrasonic waves for bi-material interface evaluation The 2013 International Conference on Interaction & Multiscale Mechanics (AIMM13), pp.1573-1584,9,Sept.,2013, Jeju, Korea.
  43. F. Chikazawa, T. Saitoh and S. Hirose: Convolution quadrature time-domain boundary element method for 3-D wave propagation in fluid-saturated porous media, The 2013 International Conference on Interaction & Multiscale Mechanics (AIMM13),pp.1585-1595,9,Sept.,2013, Jeju, Korea.
  44. Furukawa, A., Saitoh, T. and Hirose, S.: Wave scattering analysis in fluid-saturated porous solid using boundary element method, Proceedings of the Fourth Tokyo Tech - KU Joint Seminar on Infrastructure Development, pp.121-128, (2013).
  45. T. Saitoh, T. Maruyama, A. Furukawa and S. Hirose: A convolution quadrature boundary element analysis of elastic wave interaction with a crack, 5th Asia pacific congress on computational mechanics & 4th international symposium on computational mechanics (APCOM2013) CD-ROM収録, 13,Dec,2013
  46. A. Ikaida, T. Saitoh and S. Hirose: Hierarchical fast boundary element method for 2-D SH wave propagation in time-domain, 5th Asia pacific congress on computational mechanics & 4th international symposium on computational mechanics (APCOM2013) CD-ROM収録, 13,Dec,2013,インターコンチネンタルシンガポール
  47. T. Saitoh, S. Kanai, T. Maruyama, K. Nakahata and S. Hirose:3-D simulation of non-linear ultrasonic waves using new time-domain boundary element method, Proc. of the Fifth US-Japan Symposium Emerging NDE Capabilities for a Safer World, pp. 151-156, 19, June,(2014), Maui, Hawaii, USA, Maui beach and golf resort.6/19発表
  48. Y. Masumura, T. Saitoh and S. Hirose: Large scale multiple scattering analysis using a kernel independent fast multipole boundary element method based on the convolution quadrature method, 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, pp.760-761(2014), 仙台国際センター,4/16発表
  49. T. Maruyama, T. Saitoh and S. Hirose: 3-D BEM simulation of nonlinear ultrasonic waves due to contact acoustic nonlinearlity, 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems, pp.756-759(2014), 仙台国際センター,4/16発表
  50. A. Furukawa, T. Saitoh and S. Hirose: Convolution quadrature BEM for wave analysis in general anisotropic fluid-saturated porous solid and its GPU acceleration, The 6th International conference on computational methods (ICCM2014), (2014),Cambridge,England.
  51. T. Maruyama, T. Saitoh and S. Hirose: Numerical simulation of nonlinear ultrasonic wave generation by an interface crack of bi-material, The 6th International conference on computational methods (ICCM2014), (2014),Cambridge,England.
  52. T. Maruyama, T. Saitoh and S. Hirose: Simulation for air-coupled ultrasound testing using time-domain BEM, Review of progress in Quantitative Nondestructive Evaluation, vol.33A, pp.550-555, Baltimore, Maryland, USA
  53. A. Furukawa, T. Saitoh and S. Hirose: A boundary element method for wave scattering in fluid-saturated porous rocks, BEM/MRM38,EM/MRM38,2015.9.22発表, Balmer Lawn Hotel, New Forest, England
  54. T. Maruyama, T. Saitoh and S. Hirose: Two-dimensional analysis of sub-harmonic generation by closed cracks using time-domain boundary element method, LU2015 (4th International Symposium on Laser Ultrasonics & Advanced Sensing,(2015),Proc. No.22, recorded in USB memory, 7月2日発表,Northwestern University, Evanston, Illinois, USA.
  55. T. Saitoh, M. Shimoda, A. Furukawa and S. Hirose: Fast multipole boundary element method for elastic wave scattering in 2-D anisotropic solids, ICCM2015(6th International conference on computational methods),USB収録,paperID:1264,Auckland, NewZealand, 7月15日発表,Pullman Hotel.
  56. T. Maruyama, T. Saitoh, T. Q. Bui, and S. Hirose: Numerical simulation of nonlinear ultrasonic waves eue to closed cracks using time-domain boundary element method, National Conference in Engineering Mechanics, Danang 2015,8月3日発表,The University of Danang, Danang, Vietnam.
  57. T. Maruyama, T. Saitoh and S. Hirose: Fast Time-domain BEM for three-dimensional crack problems,International Conference on Computational Methods in Engineering and the 11th Chinese Conference on Computaional Methods in Engineering (ICOME &Trefftz/MFS 2015), pp.93-94, Hangzhou, China, (2015),10/12発表
  58. A. Furukawa, T. Saitoh and S. Hirose:BEM for 3-D wave scattering in general anisotropic fluid-saturated porous media,24th International Congress of Theoretical and Applied Mechanics(ICTAM 2016), Paper code: PO.SM07-1.07.270, 2016.
  59. T. Saitoh and A. Mori:Development of new elastic constant estimation method using the laser ultrasonic visualization testing, International Conference on Civil, Architecture and Environmental Engineering (ICCAE 2016), Taiwan-Taipei, November 4-6, 2016 (発表予定)
  60. T. Saitoh, T. Maruyama and A. Furukawa:Simulation of nonlinear ultrasonic waves in anisotropic materials using convolution quadrature time-domain boundary element method,International Conference on Civil, Architecture and Environmental Engineering (ICCAE 2016), Taiwan-Taipei, November 4-6, 2016 (発表予定)
  61. R. Ichikawa, Y. Inagaki and T. Saitoh: Development of coupling method of convolution quadrature BEM and image-based FEM for 2-D SH wave propagation, 3rd International symposium of Gunma university medical innovation and 8th International conference on advanced micro-device eigineering, Kiryu, Gunma, Japan, pp.127, December 9, (2016).
  62. Y. Inagaki and T. Saitoh: 3-D simulation of multiple scattering in heterogeneous materials using X-ray CT image based finite element method, 3rd International symposium of Gunma university medical innovation and 8th International conference on advanced micro-device eigineering, Kiryu, Gunma, Japan, pp.128, December 9, (2016).
  63. T. Tsunoda, K. Suzuki and T. Saitoh: Application of linearized inverse scattering methods for the inspection in steel plates embedded in concrete structures, Review of Progress in QNDE, (2017) NEW!
  64. T. Saitoh, Y. Inagaki, A. Furukawa and S. Hirose: 2-D inverse scattering analysis for a defect in authentic stainless steels, The 8th International conference on computational methods (ICCM2017), (2017), ID2747, GuilinCity, GuangxiProvince, China
  65. T. Ito, T. Saitoh, T.Q. Bui, and S. Hirose: Time-domain isogeometric boundary element method based on the convolution quadrature method for scalar wave propagation, The 8th International conference on computational methods (ICCM2017), (2017), ID2748, GuilinCity, GuangxiProvince, China
  66. M. Akitomo, G. Noguchi, T. Saitoh and Y. Shimizu: Tsunami simulation using E-MPS and its VR visualization with Unity, The 36th JSST Annual International Conference on Simulation Technology, pp.15-16, Tokyo DENKI University, 25, Oct,(2017)NEW!
  67. M. Akitomo, G. Noguchi, T. Saitoh:Tsunami Run-up Simulation based on E-MPS and its VR visualization with Unity, The 2nd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems(CompSafe2017), (2017), October 17, InterContinental Century City Chengdu 88 Century City Boulevard, Wuhou, 610041 Chengdu, ChinaNEW!
  68. T. Onodera, T. Saitoh and S. Hirose : 2-D inverse scattering analysis for a defect in FRP,The Sixth Japan-US NDT Symposium Emerging NDE Capabilities for a Safer World, 投稿中NEW!
  69. T. Saitoh, K. Ooashi and K. Nakahata: Development of new dynamic elastic constant estimation method for FRP and its validation using FDTD method, 12th European Conference on Non-Destructive Testing (12th ECNDT), Sweden, June 11-15, 2018, 採択決定済NEW!

査読なし国内発表論文

  1. 斎藤隆泰・グナワン・アリーフ・廣瀬壮一:高速多重極境界要素法を用いたラップジョイント欠陥におけるSH波の散乱特性,計算工学講演会論文集, vol. 8-2, pp. 661-664, 第8回日本計算工学講演会,法政大学ボアソナードタワー,2003年5月
  2. 斎藤隆泰・廣瀬壮一:多重極境界要素法を用いた高速移動音源に伴う音響場解析,第54回理論応用力学講演会,日本学術会議,東京,2005年1月、理論応用力学講演会講演論文集, pp.333-334.
  3. 斎藤隆泰・永井浩二・廣瀬壮一:高速多重極境界要素法を用いた超音波の多重散乱シミュレーション,第10回計算工学講演会,国立オリンピック記念青少年総合センター,2005年5月(計算工学講演会論文集,vol.10-2, pp. 591-594.)
  4. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:演算子積分法を用いた三次元時間領域動弾性境界要素法の開発とその応用,第56回理論応用力学講演会,2007年3月,第56回理論応用力学講演会講演論文集,pp.303-304.
  5. 石田貴之・斎藤隆泰・福井卓雄:二次元弾性波動問題における演算子積分法を用いた高速多重極境界要素法,第56回理論応用力学講演会,2007年3月,第56回理論応用力学講演会講演論文集,pp.301-302.
  6. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:三次元波動問題における演算子積分時間領域境界要素法と高速多重極法の適用,第12回計算工学講演会,2007年5月24日,国立青少年オリンピック記念センター,pp.865-868(計算工学講演会論文集.vol.12)
  7. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:三次元大規模波動問題における演算子積分時間領域高速多重極境界要素法の開発,第25回日本シミュレーション学会大会,2007年6月21日, 東京工業大学すずかけ台キャンパス,pp.91-94.
  8. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄・石田貴之:粘弾性面外波動問題における演算子積分時間領域境界要素法および高速多重極法の適用、第13回計算工学講演会、2008年5月, 計算工学講演会論文集vol.13, pp. 135-138.
  9. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄・石田貴之:二次元動弾性問題における演算子積分時間領域境界要素法および高速多重極法の適用、第13回計算工学講演会、2008年5月, 計算工学講演会論文集vol.13, pp. 159-162.
  10. 斎藤隆泰・石田貴之・福井卓雄・廣瀬壮一:離散作用素積分法を用いた粘弾性波動問題における時間領域境界要素法および高速多重極法の適用、第57回理論応用力学講演会、2008年6月,理論応用力学講演会講演論文集,pp.457-458,2008.
  11. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:粘弾性面内波動問題における高速多重極法を用いたCQ-BEMについて,第21回計算力学講演会論文集, pp. 794-795,2008年11月3日
  12. 斎藤隆泰・古田雄輔・廣瀬壮一:新しい時間域BEMを用いた非線形超音波法のシミュレーション,第16回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集,東京工業大学大岡山キャンパス,2009年1月,pp. 79-80.
  13. 斎藤隆泰・福井卓雄:安定な時間領域高速多重極境界要素法を用いた非均質材料中の弾性波動散乱解析,第28回日本シミュレーション学会大会論文集,pp.245-248,(2009),芝浦工業大学,6月
  14. 斎藤隆泰・瀬川尚揮・福井卓雄:新しい時間域高速多重極境界要素法を用いた3次元音響波動散乱問題の解析,第14回計算工学講演会,2009年5月,計算工学講演会論文集vol.14, pp. 507-510, (2009)
  15. 瀬川尚揮・斎藤隆泰・福井卓雄:演算子積分法を用いた時間領域境界要素法による非定常熱伝導解析,第14回計算工学講演会,2009年5月,計算工学講演会論文集vol.14,pp. 489-492,(2009)
  16. 斎藤隆泰・中畑和之・廣瀬壮一:接触境界条件を持つ固体‐固体接合界面の改良型時間域境界要素法解析,第58回理論応用力学講演会講演論文集,pp.93-94,(2009)
  17. 天間祐輔・廣瀬壮一・斎藤隆泰:演算子積分法を用いた時間領域境界要素法による電磁超音波の解析,第17回超音波による非破壊評価シンポジウム,pp.97-98,(2010)
  18. 廣瀬壮一・天間祐輔・斎藤隆泰:時間領域境界要素法による電磁超音波の数値シミュレーション,計算工学講演会論文集,vol.15, pp. 387-388, (2010), 第15回計算工学講演会,九州大学医学部百年講堂
  19. 中畑和之・牛尾賢司・斎藤隆泰・廣瀬壮一:3次元イメージベースEFITによる超音波伝搬解析,計算工学講演会論文集,vol.15, pp. pp. 775-776, (2010), 第15回計算工学講演会,九州大学医学部百年講堂
  20. Z. Qian, Y. Yamanaka, S. Hirose and T. Saitoh:Transient SH-wave simulation in a multilayered half-space with irregular interfaces based on a hybrid BEM, 計算工学講演会論文集,vol.15, pp. 399-402, (2010), 第15回計算工学講演会,九州大学医学部百年講堂
  21. 古田雄輔・斎藤隆泰・中畑和之・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法による非線形超音波法の数値シミュレーション,第59回理論応用力学講演会講演論文集,pp.297-298,(2010),日本学術会議,東京
  22. 中畑和之・渡邉怜・斎藤隆泰・廣瀬壮一:3次元逆散乱解析法による固体内部きずの超音波画像化,第59回理論応用力学講演会講演論文集,pp.347-348, (2010),日本学術会議,東京
  23. 斎藤隆泰・以頭卓磨・廣瀬壮一:高速多重極法およびMPI並列化による2次元波動伝播問題のための演算子積分時間領域境界要素法の高速化,第29回日本シミュレーション学会大会論文集,pp.195-198,(2010),山形大学米沢キャンパス
  24. 工藤圭・斎藤隆泰・廣瀬壮一:時間領域境界要素法を用いた電磁超音波探傷法の3次元解析,第18回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, pp.69-70,(2011).
  25. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:時間領域境界要素法による空気超音波の解析,第18回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, pp.71-72,(2011).
  26. 斎藤隆泰・廣瀬壮一:ラプラス変換域基本解を用いた新しい時間領域境界要素法と2次元波動問題への応用,第60回理論応用力学講演会,OS05-02, (CD-ROM収録), (2011).3月8日,東京工業大学
  27. 古田雄輔・斎藤隆泰・廣瀬壮一・中畑和之:欠陥を有する材料接合界面における非線形超音波のシミュレーション,第60回理論応用力学講演会,OS05-016, (CD-ROM収録), (2011).3月9日,東京工業大学
  28. 斎藤隆泰・工藤圭・廣瀬壮一:非定常熱伝導問題のための改良型演算子積分時間領域境界要素法,計算工学講演会論文集vol.16, CD-ROM収録,(2011).
  29. 斎藤隆泰・古田雄輔・廣瀬壮一・中畑和之:2次元時間領域動弾性境界要素法を用いた非線形超音波シミュレーション,計算工学講演会論文集vol.16, CD-ROM収録,(2011).
  30. 斎藤隆泰・廣瀬壮一:演算子積分境界要素法を用いた電磁超音波の励起シミュレーション,第24回機械学会計算力学講演会CD-ROM論文集,pp.143-144,(2011),10月8日発表,岡山大学
  31. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:スカラー波動・弾性波動連成問題のための演算子積分時間領域境界微積分方程式法,第61回理論応用力学講演会投稿中
  32. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:2次元演算子積分時間領域Galerkin境界要素法を用いたき裂による散乱解析,第61回理論応用力学講演会(投稿中)(CD-ROM収録),2012,3/8,東京大学
  33. Y. Shen, S. Hirose and T. Saitoh: 2-D seismic fault simulation using time-domain convolution quadrature method,第61回理論応用力学講演会投稿中
  34. 斎藤隆泰・中畑和之・木本和志・廣瀬壮一:EFIT・BEMハイブリッド解法による電磁超音波のシミュレーション,第19回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, pp.115-118,(2012),1月27日, 東京工業大学
  35. 斎藤隆泰・近澤文香・廣瀬壮一:Biot物体中の波動問題に対する演算子積分時間領域境界要素法,第17回計算工学講演会論文集vol.17,CD-ROM収録,2012,5月30日発表,京都教育文化センター
  36. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法を用いたき裂による波動散乱解析,第17回計算工学講演会論文集vol.17,CD-ROM収録,2012,5月30日発表,京都教育文化センター
  37. 中畑和之・斎藤隆泰・廣瀬壮一:GPU計算による非破壊検査のための超音波イメージングの高速化,第17回計算工学講演会論文集vol.17,CD-ROM収録,2012,5月31日発表,京都教育文化センター
  38. 大月誠・中畑和之・斎藤隆泰・木本和志:EFIT・BEMハイブリッド解法による電磁超音波法のモデル化,日本機械学会 M&M2012材料力学カンファレンス講演論文集,2012年9月24日発表,愛媛大学
  39. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:空気超音波法に対する3次元数値シミュレーション,日本機械学会 M&M2012材料力学カンファレンス講演論文集,2012年9月24日発表,愛媛大学
  40. 斎藤隆泰・近澤文香・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法を用いたBiot物体中の大規模波動散乱解析,第25回機械学会計算力学講演会CD-ROM論文集, pp.599-601,(2012),10月8日発表,神戸ポートアイランド南地区
  41. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:Galerkin法を適用した演算子積分時間領域境界要素法による2次元異方性弾性体中のき裂による波動散乱解析,第25回機械学会計算力学講演会CD-ROM論文集, pp.599-601,(2012),10月8日発表,神戸ポートアイランド南地区
  42. 中畑和之・斎藤隆泰・廣瀬壮一:非均質異方性材料中の超音波伝搬の有限要素・差分モデルに関する検討,第20回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, pp. 153-156, (2013),1/27,東京工業大学.
  43. 田代直哉・斎藤隆泰:演算子積分時間領域境界要素法を援用した粘弾性体中の欠陥に対する逆散乱解析,第62回理論応用力学講演会講演論文集,(USBメモリ収録),3/6東京工業大学大岡山キャンパス,(2013).
  44. 古川陽・近澤文香・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性を有する2次元飽和多孔質弾性体に対する演算子積分時間領域境界要素法,第62回理論応用力学講演会講演論文集, OS15-04(USBメモリ収録), (2013),3/6東京工業大学大岡山キャンパス発表
  45. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:3次元弾性波動問題に対する演算子積分時間領域高速多重極境界要素法,第62回理論応用力学講演会講演論文集,OS15-20,(2013),3/7東京工業大学大岡山キャンパス発表
  46. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:改良型CQ-BEMを用いた空気超音波法の3次元数値シミュレーション,第62回理論応用力学講演会講演論文集, OS11-06, (2013),3/7東京工業大学大岡山キャンパス発表.
  47. 伊海田明宏・斎藤隆泰・廣瀬壮一:演算子積分時間領域ACA境界要素法を用いた2次元多重散乱解析,第62回理論応用力学講演会講演論文集,OS15-16, (2013),3/7東京工業大学大岡山キャンパス発表.
  48. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法を用いた2次元異方性飽和多孔質弾性体中の波動散乱解析,第18回計算工学講演会, Vol.18, 原稿番号F-6-3(CD-ROM収録), 2013.
  49. 中畑和之・斎藤隆泰:数値解析によるき裂面の性状が超音波エコーに及ぼす影響の検討,第10回保全学会学術講演会,pp.537-540, (2013).
  50. 斎藤隆泰・近澤文香・廣瀬壮一:3次元飽和多孔質弾性体中の波動問題に対する演算子積分時間領域境界要素法,第26回機械学会計算力学講演会,(CD-ROM収録),講演番号2011.
  51. 伊海田明宏・斎藤隆泰・廣瀬壮一:ACAを用いた演算子積分時間領域境界要素法の効率化と波動解析への応用,第26回機械学会計算力学講演会,(CD-ROM収録),講演番号2007.
  52. 金井翔平・斎藤隆泰・丸山泰蔵・廣瀬壮一:時間域境界要素法を用いた非線形超音波のシミュレーションおよびそのバイスペクトル解析,第21回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集, pp.87-88, 2014, 東京都立産業技術研究センター,1月20日発表.
  53. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:き裂による3次元弾性波動散乱問題に対する演算子積分時間領域境界要素法,計算工学講演会論文集, Vol.19, CD-ROM収録, 第19回計算工学講演会,2014年6月11日発表,広島国際会議場.
  54. 笠原弘貴・斎藤隆泰・古川陽・廣瀬壮一:き裂による3次元弾性波動散乱問題に対する時間領域境界要素法の新しい定式化, 第63回理論応用力学講演会講演論文集,OS06/OS14-03-01, 2014年9月27日発表,東京工業大学.
  55. 金井翔平・斎藤隆泰・丸山泰蔵・廣瀬壮一・中畑和之:正則化された表面力境界積分方程式を用いたき裂開閉口挙動の3次元解析, 第63回理論応用力学講演会講演論文集,OS06/OS14-03-02, 2014年9月27日発表,東京工業大学.
  56. 下田瑞斗・斎藤隆泰・古川陽・廣瀬壮一:異方性材料中の時間調和面外波動に対する高速境界要素法について, 第63回理論応用力学講演会講演論文集,OS07-03-01, 2014年9月28日発表,東京工業大学.
  57. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性弾性体中のき裂による3次元波動散乱問題に対する演算子積分時間領域境界要素法の開発, 第63回理論応用力学講演会講演論文集,OS07-03-02, 2014年9月28日発表,東京工業大学.
  58. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異種材料接合界面に対する3次元非線形超音波シミュレーション, 第63回理論応用力学講演会講演論文集,OS06/OS14-01-01, 2014,2014年9月27日発表,東京工業大学.
  59. 中畑和之・木本和志・斎藤隆泰:時間反転法を利用した超音波による内部欠陥の再構成, 第63回理論応用力学講演会講演論文集,OS07-03-05, 2014,2014年9月28日発表,東京工業大学.
  60. 斎藤隆泰・下田瑞斗・古川陽:2次元異方性弾性波動解析に対するKIFMBEM, 第27回計算力学講演会(CMD2014),原稿番号1207,2014年11月24日発表, 岩手大学工学部.
  61. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性を有する飽和多孔質体中の波動散乱解析のための周波数領域境界要素法の開発, 第27回計算力学講演会(CMD2014),原稿番号 1205 (CD-ROM 収録),2014年11月24日発表,岩手大学工学部
  62. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性飽和多孔質弾性体の3次元波動問題に対する境界要素法,第20回計算工学講演会論文集(CD-ROM収録),2015年6月9日発表,つくば国際会議場,茨城県
  63. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:2次元時間領域境界要素法を用いた閉口き裂による分調波励起シミュレーション,第20回計算工学講演会論文集(CD-ROM収録),2015年6月9日発表,つくば国際会議場,茨城県
  64. 市川諒・斎藤隆泰・丸山泰蔵・廣瀬壮一:2次元波動問題に対する演算子積分Gakerkin境界要素法・有限要素法結合解法,第28回機械学会計算力学講演会,講演番号216(CD-ROM収録),2015年10月11日発表,横浜国立大学
  65. 斎藤隆泰・金井翔平・古川陽・廣瀬壮一:接触を考慮した異方性弾性体中のき裂による弾性波動散乱解析,第28回機械学会計算力学講演会,講演番号177(CD-ROM収録),2015年10月11日発表,横浜国立大学
  66. 斎藤隆泰・下田瑞斗:時間領域境界要素法を援用したCFRP中の欠陥に対する2次元逆散乱解析,第23回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集,pp103-108,2016年1月29日,一社)日本非破壊検査協会 亀戸センター
  67. 森亜也華・斎藤隆泰:3次元EFITを用いたCFRP中の欠陥に対する超音波散乱解析,第23回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集,pp109-110,2016年1月29日,一社)日本非破壊検査協会 亀戸センター
  68. 金井翔平・斎藤隆泰:等方性・異方性材料接合界面中の欠陥に対する非線形超音波のシミュレーション,第23回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集,pp.179-180,2016年1月29日,一社)日本非破壊検査協会 亀戸センター
  69. 森亜也華・下田瑞斗・金井翔平・斎藤隆泰:CFRP中の欠陥に対する超音波シミュレーションおよび欠陥形状再構成手法の開発,平成27年度 安全・安心な社会を築く先進材料・非破壊計測技術シンポジウム論文集,pp.57-58,(2016),種子島西之表市民会館,平成28年3月17日発表
  70. 市川諒・稲垣祐生・斎藤隆泰:2次元波動伝搬問題に対する演算子積分時間領域境界要素法・イメージベース有限要素法結合解法の開発,第21回計算工学講演会論文集,Vol.21,CD-ROM収録(講演番号:D-7-3),2016年6月1日発表,朱鷺メッセ,新潟県
  71. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性飽和多孔質弾性体と等方弾性体の動的連成解析のための周波数領域境界要素法,第21回計算工学講演会論文集,Vol.21,CD-ROM収録(論文番号:D-7-2),2016年6月1日発表,朱鷺メッセ,新潟県
  72. 市川諒・伊藤司・斎藤隆泰:2次元波動伝搬問題における演算子積分時間領域アイソジオメトリック境界要素法,第29回日本機械学会計算力学講演会,名古屋大学,2016年発表
  73. 稲垣祐生・斎藤隆泰:様々な異方性材料中の欠陥に対する順解析および逆散乱解析, 平成28年度第2回超音波部門講演会論文集,pp.5-8, 高崎駅第一会議室, 2016年10月27日発表
  74. 斎藤隆泰・森亜也華・中畑和之・廣瀬壮一:レーザー超音波可視化試験を用いたCFRPに対する新たな弾性定数推定法の開発, 第24回超音波による非破壊評価シンポジウム講演論文集,2017年1月発表
  75. 斎藤隆泰・大芦健太・森亜也華・藤縄和宏:CFRP積層厚板に対する弾性定数の推定とEFITによる検証, 第22回計算工学講演会論文集, Vol.22,CD-ROM収録(論文番号:E-11-4), 2017年6月1日発表, 大宮ソニックシティ
  76. 森川光・藤縄和宏・市川諒・斎藤隆泰:2次元弾性波動問題に対する演算子積分時間領域境界要素法・イメージベース有限要素法結合解法の開発, 第22回計算工学講演会論文集, Vol.22,CD-ROM収録(講演番号:B-13-4), 2017年6月1日発表, 大宮ソニックシティ
  77. 野口豪気・斎藤隆泰:MPS法を用いた非線形超音波法における高調波の励起シミュレーション, 先進的非破壊評価合同シンポジウム論文集, pp.3-4, (2017), 東北大学 片平キャンパス(仙台市), 2017年7月13日発表 NEW!
  78. 秋友誠・野口豪気・斎藤隆泰:津波シミュレーションとUnityを用いたそのVR可視化,第45回可視化情報シンポジウム講演論文集,採択決定済,工学院大学,2017年7月発表NEW!
  79. 野口豪気・斎藤隆泰:MPS法を用いた等方性材料中の欠陥に対する非線形超音波シミュレーション,第64回理論応用力学講演会講演論文集,機械振興会館,2017年8月発表NEW!
  80. 大芦健太・斎藤隆泰:時間反転法を用いたオーステナイト系鋼材中の欠陥形状再構成に関する研究,第64回理論応用力学講演会講演論文集,機械振興会館,2017年8月発表NEW!
  81. 稲垣祐生・斎藤隆泰:逆散乱解析によるオーステナイト系鋼材中の欠陥形状再構成,第64回理論応用力学講演会講演論文集,機械振興会館,2017年8月発表NEW!
  82. 溝上尚弥・中畑和之・黄木景二・堤三佳・森亜也華・斎藤隆泰:レーザー超音波法を用いたCFRP中の波動場の可視化と数理モデルの構築,第64回理論応用力学講演会講演論文集,機械振興会館,2017年8月発表NEW!
  83. 斎藤隆泰・今井済・佐藤明良:有限要素法を用いたL字型CFRP中の超音波伝搬シミュレーション,平成29年度非破壊検査協会秋季講演大会,pp.9-10,福岡国際会議場,2017年10月発表NEW!
  84. 前原佑・斎藤隆泰・今井済・佐藤明良:有限要素法を用いたL字型CFRP中の三次元超音波伝搬シミュレーション, 第25回超音波による非破壊評価シンポジウム,2018年1月発表予定NEW!

その他国内シンポジウム予稿集

  1. 斎藤隆泰・廣瀬壮一:三次元高速多重極境界要素法を用いた移動音源に伴う音響場解析,名古屋大学,2003年12月
  2. 廣瀬壮一・斎藤隆泰・土戸研一:三次元高速多重極境界要素法を用いた環境振動の解析,第39回地盤工学研究発表会,新潟大学,2004年7月
  3. 斎藤隆泰・廣瀬壮一:移動音源に伴う三次元音響場の時間-周波数解析,第59回年次学術講演会,土木学会,愛知工業大学,2004年9月
  4. 廣瀬壮一・永井浩二・斎藤隆泰:高速多重極境界要素法による多重散乱問題の解析,平成17年度非破壊検査協会春季講演大会,アルカディア市ヶ谷,東京,2005年5月
  5. 廣瀬壮一・斎藤隆泰・中畑和之:マトリクスアレイ探触子による3-D逆散乱イメージング法について,平成17年度非破壊検査協会秋季講演大会,広島大学,2005年12月
  6. 廣瀬壮一・斎藤隆泰:高速多重極境界要素法を用いた基礎杭周辺の環境振動シミュレーション,J-Rail2005, 川崎市産業振興会館,2006年1月
  7. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・木本和志:FMBEMによる波動散乱シミュレーション,首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学研究の展開,平成17年度成果報告シンポジウム予稿集,東京工業大学都市地震工学センター,pp.25-30, 2006年3月
  8. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:高速多重極境界要素法の多重散乱問題への適用,平成18年度土木学会全国大会,立命館大学びわ湖・草津キャンパス,2006年9月
  9. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:演算子積分時間領域動弾性境界要素法の超音波シミュレーションへの応用,アルカディア市ヶ谷,2007年5月
  10. 斎藤隆泰・石田貴之・廣瀬壮一・福井卓雄:新しい三次元時間領域境界要素法と超音波NDTシミュレーションへの適用性,平成18年度土木学会中部支部研究発表会概要集,pp.5-6,(2007),名古屋工業大学,3/2発表
  11. 廣瀬壮一・斎藤隆泰・木本和志:三次元時間領域動弾性境界要素法の開発とその応用,首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学の展開,平成18年度成果報告シンポジウム予稿集,東京工業大学都市地震工学センター,pp.37-42,(2007)3月10日
  12. 石田貴之・斎藤隆泰・福井卓雄:演算子積分境界要素法によるフェイズドアレイ探傷シミュレーション,平成19年度土木学会全国大会,広島大学,(CD-ROM収録),2007年9月13日
  13. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:スカラー波動・弾性波動問題における三次元時間領域境界要素法,平成19年度土木学会全国大会,広島大学, (CD-ROM収録),2007年9月13日
  14. 斎藤隆泰・廣瀬壮一・福井卓雄:演算子積分時間領域境界要素法の逆解析への応用,日本原子力学会2007秋の大会予稿集,p.283.2007年9月28日
  15. 斎藤隆泰・石田貴之・廣瀬壮一・福井卓雄:離散作用素積分法を用いた三次元波動伝播問題のための時間領域高速多重極境界要素法,平成19年度土木学会支中部研究発表会概要集、2008年3月7日,金沢大学
  16. 石田貴之・斎藤隆泰・福井卓雄:離散作用素積分法を用いた二次元動弾性問題のための時間領域高速多重極境界要素法、平成19年度土木学会中部支部研究発表会概要集、2008年3月7日,金沢大学
  17. 廣瀬壮一・斎藤隆泰・木本和志:粘弾性地盤における地震波動解析のための演算子積分時間領域高速多重極境界要素法の開発,首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学の展開, 平成19年度成果報告シンポジウム予稿集,東京工業大学都市地震工学センター,2008年3月28日,東京工業大学
  18. 斎藤隆泰・石田貴之・福井卓雄・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法の開発と二次元弾性および粘弾性波動場の可視化、平成20年度土木学会全国大会、東北大学、9月10日(CD-ROM収録)
  19. 法村徹也・T. Khairuman・斎藤隆泰・福井卓雄:1948年福井地震による三国,福井の地震動特性の評価,平成20年度土木学会中部支部研究発表会概要集,2009年3月3日, pp. 21-22,名城大学天白キャンパス
  20. 瀬川尚輝・斎藤隆泰・福井卓雄:演算子積分時間領域境界要素法による二次元非定常熱伝導解析,平成20年度土木学会中部支部研究発表会概要集,2009年3月,pp. 17-18,名城大学天白キャンパス
  21. 伊井健夫・斎藤隆泰・T. Khairuman・福井卓雄:新しい時間域BEMを用いた地震波シミュレーター開発のための基礎的研究,平成20年度土木学会中部支部研究発表会概要集,2009年3月,pp.23-24,名城大学天白キャンパス
  22. T. Khairuman, T. Saitoh and T. Fukui:The CQ-BEM approach to transient SH-wave propagation problems around elastic inclusions 平成20年度土木学会中部支部研究発表会概要集,2009年3月, pp.19-20,名城大学天白キャンパス
  23. 斎藤隆泰・中畑和之・廣瀬壮一:面外波動を考慮した非線形超音波法における高調波励起シミュレーション,土木学会全国大会,(2009),九州大学 (CD-ROM収録),2009年9月2日
  24. 古田雄輔・斎藤隆泰・廣瀬壮一:接触条件を考慮したき裂による非線形波動散乱解析,日本応用数理学会2009年度年会講演予稿集,pp.97-98,(2009),大阪大学,2009年9月28日
  25. 瀬川尚揮・斎藤隆泰・福井卓雄:二次元非定常熱伝導問題における演算子積分時間領域境界要素法への高速多重極法の適用, 平成21年度土木学会中部支部研究発表会概要集, CD-ROM収録,2010年3月,金沢工業大学.
  26. 廣瀬壮一・斎藤隆泰・以頭卓磨・古田雄輔:地震波動解析のための時間領域境界要素法の開発とその高速化について, 首都圏大震災軽減のための実践的都市地震工学の展開,平成21年度成果報告シンポジウム予稿集,東京工業大学都市地震工学センター,(2010),3月,東京工業大学
  27. 渡邉怜・中畑和之・斎藤隆泰・廣瀬壮一:欠陥再構成のための3次元逆散乱イメージング法に関する基礎的研究,平成22年度土木学会全国大会,pp.269-270,(2010),北海道大学, 2010年9月1日
  28. 田中遊雲・斎藤隆泰・廣瀬壮一:境界要素法を用いた異方性弾性体における3次元波動散乱解析,平成22年度土木学会全国大会,pp.713-714,(2010),北海道大学, 2010年9月1日
  29. 田中遊雲・斎藤隆泰・廣瀬壮一:3次元異方性弾性波動解析, 日本応用数理学会2010年度年会講演予稿集,pp.329-330,(2010),明治大学, 2010年9月9日
  30. 古田雄輔・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異種材料接合界面に対する非線形超音波法のシミュレーション, 平成22年度非破壊検査協会秋季講演大会講演概要集,pp.113-114,(2010),沖縄県市町村自治会館,2010年10月28日
  31. 廣瀬壮一・古田雄輔・斎藤隆泰・中畑和之:数値シミュレーションによる非線形超音波特性の解明について,平成23年度非破壊検査協会春季講演大会,pp.17-18,(2011),アルカディア市ヶ谷,5月25日
  32. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:空気超音波法に対する波動伝搬解析,平成23年度非破壊検査協会春季講演大会,pp.149-150,(2011),アルカディア市ヶ谷,5月26日
  33. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:空気-固体連成問題のための演算子積分時間領域境界要素法,平成23年度土木学会全国大会,(2011),愛媛大学 (CD-ROM収録),9月6日発表
  34. 斎藤隆泰・田中遊雲・廣瀬壮一:3次元異方性弾性波動解析のための演算子積分時間領域境界要素法,平成23年度土木学会全国大会,(2011), 愛媛大学 (CD-ROM収録),9月6日発表
  35. 田中遊雲・古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法を用いた異方性材料の波動解析,日本応用数理学会2011年度年会講演予稿集, pp.275-276,(2011),9/16,同志社大学
  36. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法を用いた2次元異方性弾性体中のき裂による散乱解析,日本応用数理学会2012年度年会講演予稿集, pp.129-130,(2012),8月29日発表,稚内全日空ホテル
  37. 近澤文香・斎藤隆泰・廣瀬壮一:飽和多孔質弾性体における演算子積分時間領域境界要素法を用いた波動解析,日本応用数理学会2012年度年会ポスター発表, 稚内全日空ホテル,2012年8月30日発表
  38. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:Runge-Kutta 法を用いた演算子積分時間領域境界要素法及び3次元スカラー波動問題への応用,日本応用数理学会2012年度年会ポスター発表, 稚内全日空ホテル,2012年8月30日発表
  39. 斎藤隆泰・古川陽・田中遊雲・廣瀬壮一:2次元異方性弾性波動問題に対する演算子積分時間領域境界要素法の開発,平成24年度土木学会全国大会,(2012), 名古屋大学 (CD-ROM収録),9月5日発表
  40. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:流体-固体連成問題に対する演算子積分時間領域境界積分方程式の直接解法, 平成24年度土木学会全国大会,(2012), 名古屋大学 (CD-ROM収録),9月5日発表
  41. 近澤文香・斎藤隆泰・廣瀬壮一:Biot媒体中の面内波動問題に対する演算子積分時間領域境界要素法, 平成24年度土木学会全国大会,(2012), 名古屋大学 (CD-ROM収録),9月5日発表
  42. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:境界要素法を用いた空気超音波法の3次元波動伝搬解析,平成24年度非破壊検査協会秋季講演大会講演概要集,pp.83-84,(2012),10月23日(火),アルカディア市ヶ谷
  43. 田代直哉・斎藤隆泰:演算子積分時間領域境界要素法を用いた粘弾性材料中の欠陥に対する順解析・および逆散乱解析,第40回土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集(CD-ROM収録),(2012),宇都宮大学,3月14日発表
  44. 増村佳大・斎藤隆泰:GPUを用いた境界要素法の高速化,第40回土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集(CD-ROM収録),(2012),宇都宮大学,3月14日発表
  45. 斎藤隆泰・増村佳大:積分核に依存しない高速多重極法および時間領域境界要素法への適用,平成25年度土木学会全国大会,日本大学津田沼キャンパス,2013,9/3, CD-ROM収録
  46. 増村佳大・斎藤隆泰:3次元音響問題に対する演算子積分時間領域境界要素法のGPU高速化,平成25年度土木学会全国大会,日本大学津田沼キャンパス,2013,9/3, CD-ROM収録
  47. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性材料の面外波動問題に対する演算子積分時間領域境界要素法,平成25年度土木学会全国大会,日本大学津田沼キャンパス,2013,9/3,CD-ROM収録
  48. 伊海田明宏・斎藤隆泰・廣瀬壮一:2次元多重散乱解析に対する演算子積分時間領域境界要素法のACAによる効率化,平成25年度土木学会全国大会,日本大学津田沼キャンパス,9/3,CD-ROM収録
  49. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:3次元流体-固体連成問題に対するCQ-BEM,平成25年度土木学会全国大会,日本大学津田沼キャンパス,CD-ROM収録
  50. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:3次元弾性波動問題に対する陰的Runge-Kutta法を用いた演算子積分時間領域高速多重極境界要素法, 応用数理学会2013年度年会, 2013年9月11日(発表は11日),アクロス福岡, 福岡, PDF収録, 9072.
  51. 金井翔平・斎藤隆泰:2次元時間領域境界要素法を用いた高調波のシミュレーションおよびそのバイスペクトル解析,第41回土木学会関東支部技術発表会,I-23,2014年3月13日
  52. 下田瑞斗・斎藤隆泰:2次元非定常熱伝導問題に対する均質化法を適用した演算子積分時間領域境界要素法,第41回土木学会関東支部技術発表会,I-28,2014年3月13日
  53. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:CQ-BEMを用いた非線形超音波法の3次元数値シミュレーション,第17回応用力学シンポジウム若手ワークショップ,2014,5/10,琉球大学,講演番号(100017)
  54. 中畑和之・矢野智之・川村郡・斎藤隆泰・廣瀬壮一:骨材による多重散乱を考慮したコンクリート中の超音波の3次元伝搬シミュレーションと実験波形による検証,第17回応用力学シンポジウム,2014,5/11,琉球大学,講演番号(100076)
  55. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:飽和多孔質弾性体中のき裂による2次元波動散乱問題に対する演算子積分時間領域境界要素法,第17回応用力学シンポジウム若手ワークショップ,2014,5/10,琉球大学,講演番号(100098)
  56. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性飽和多孔質弾性体の3次元波動問題に対するLaplace像空間における基本解, 平成26年度土木学会全国大会,大阪大学豊中キャンパス(CD-ROM収録),2014,9/10発表
  57. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:CQ-BEMを用いた空気超音波法の2次元及び3次元数値シミュレーション, 平成26年度土木学会全国大会発表予定,大阪大学豊中キャンパス(CD-ROM収録),2014,9/10発表
  58. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・中畑和之・廣瀬壮一:3次元時間領域境界要素法を用いたき裂による分調波励起シミュレーション, 日本非破壊検査協会平成26年度 秋季講演大会 講演概要集, pp.51-52, 2014年10月29日発表,名古屋国際会議場
  59. 増村佳大・斎藤隆泰・吉村昭彦:粒子法を用いた越流解析とその可視化に関する基礎的研究,第42回土木学会関東支部技術研究発表会, 講演番号1-39,2015年3月5日(木),東海大学湘南キャンパス
  60. 金井翔平・斎藤隆泰・丸山泰蔵・廣瀬壮一:遠方場近似を利用したき裂開閉口に伴い発生する高調波の3次元解析,第42回土木学会関東支部技術研究発表会, 講演番号1-10,2015年3月5日(木),東海大学湘南キャンパス
  61. 下田瑞斗・高野みな美・斎藤隆泰:演算子積分時間領域境界要素法を用いた一方向炭素繊維複合材料中の弾性波動解析,第42回土木学会関東支部技術研究発表会, 講演番号1-63,2015年3月6日(金),東海大学湘南キャンパス
  62. 笠原弘貴・増村佳大・斎藤隆泰:演算子積分時間領域境界要素法を用いた薄板による3次元音響波動散乱解析,第42回土木学会関東支部技術研究発表会, 講演番号1-69,2015年3月6日(金)東海大学湘南キャンパス
  63. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:時間領域境界要素法を用いた2次元分調波励起シミュレーション, 平成27年度非破壊検査総合シンポジウム(USBメモリ収録),2015年6月2日発表,日本非破壊検査協会亀戸センター,東京都
  64. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:異方性飽和多孔質弾性体の弾性波動問題を対象とした境界要素法の開発,第18回応用力学シンポジウム若手ワークショップ, USBメモリ収録(原稿番号100043),2015年5月16日発表,金沢大学角間キャンパス,石川県
  65. 斎藤隆泰・森亜也華・高野みな美・中畑和之・廣瀬壮一:一方向炭素繊維複合材料中の欠陥に対する弾性波動解析および計測実験,第18回応用力学シンポジウム,2015年5月17日発表,金沢大学角間キャンパス,石川県
  66. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:接触条件を考慮したき裂による2次元分調波励起シミュレーション,第18回応用力学シンポジウム若手ワークショップ,2015年5月16日発表,金沢大学角間キャンパス,石川県
  67. 市川諒・斎藤隆泰・丸山泰蔵・廣瀬壮一:2次元面外波動問題のための新しい時間領域有限要素法・境界要素法結合解法の開発,平成27年度土木学会全国大会,pp.19-20,講演番号:CS8-010,岡山大学津島キャンパス,2015年9月16日発表
  68. 森亜也華・斎藤隆泰・廣瀬壮一:動弾性有限積分法を用いた様々な異方性材料中の欠陥に対する弾性波動散乱解析,平成27年度土木学会全国大会,p897-898、講演番号:I-449, 岡山大学津島キャンパス,2015年9月16日発表
  69. 斎藤隆泰・下田瑞斗・森亜也華・中畑和之・廣瀬壮一:時間領域差分法を用いた極厚CFRP板中の欠陥に対する弾性波動散乱解析および計測実験,平成27年度土木学会全国大会,p905-906、講演番号:I-453,岡山大学津島キャンパス,2015年9月16日発表
  70. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:周波数領域境界要素法を用いた異方性飽和多孔質弾性体の3次元波動散乱解析,平成27年度土木学会全国大会,2015年9月16日発表,岡山大学津島キャンパス,原稿番号: CS8-019
  71. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:3次元音響波動問題に対するCQ-FMBEMの時間方向の高速化について,平成27年度土木学会全国大会,2015年9月16日発表,岡山大学津島キャンパス,原稿番号:CS8-20
  72. 斎藤隆泰・金井翔平:3次元飽和多孔質弾性体中の波動問題に対する並列化された演算子積分時間領域境界要素法,第43回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-42,2016年3月14日発表,東京都市大学世田谷キャンパス
  73. 稲垣祐生・斎藤隆泰・鈴木啓悟:イメージベース有限要素法を用いた非均質材料に対する3次元波動伝搬解析,第43回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-38,2016年3月14日発表,東京都市大学世田谷キャンパス
  74. 市川諒・斎藤隆泰:2次元面外波動問題に対するイメージベースFEM・演算子積分時間領域BEM結合解法,第43回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-39,2016年3月14日発表,東京都市大学世田谷キャンパス
  75. 森亜也華・斎藤隆泰:群速度曲線を援用した 一方向炭素繊維強化プラスチック中の欠陥に対する開口合成法,第43回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-40,2016年3月14日発表,東京都市大学世田谷キャンパス
  76. 金井翔平・斎藤隆泰:異方性材料中の欠陥に対する非線形超音波のシミュレーション,第43回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-41,2016年3月14日発表,東京都市大学世田谷キャンパス
  77. 斎藤隆泰・金井翔平:単斜晶系異方性材料中の欠陥に対する非線形超音波のシミュレーション,平成28年度土木学会全国大会,東北大学川内キャンパス, CD-ROM収録, 番号I-007, 2016年9月7日発表
  78. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:材料表面のき裂による分調波発生現象の2次元数値シミュレーション,平成28年度土木学会全国大会,東北大学川内キャンパス, CD-ROM収録, 番号CS8-009, 2016年9月7日発表
  79. 森亜也華・斎藤隆泰:レーザー超音波可視化試験を援用した一方向炭素繊維強化プラスチックの弾性定数の推定,平成28年度土木学会全国大会,東北大学川内キャンパス, CD-ROM収録, 番号I-426, 2016年9月7日発表
  80. 稲垣祐生・下田瑞斗・斎藤隆泰:時間領域境界要素法を援用した異方性板内部の欠陥に対する順解析および逆解析,平成28年度土木学会全国大会,東北大学川内キャンパス, CD-ROM収録, 番号I-243, 2016年9月9日発表
  81. 市川諒・吉原央・斎藤隆泰:2次元波動伝搬問題に対する演算子積分時間領域アイソジオメトリック境界要素法,平成28年度土木学会全国大会,東北大学川内キャンパス, CD-ROM収録, 番号CS8-008, 2016年9月7日発表
  82. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:等方弾性体と異方性飽和多孔質弾性体の界面における弾性波の反射・屈折,平成28年度土木学会全国大会,東北大学川内キャンパス, CD-ROM収録, 番号CS8-012, 2016年9月7日発表
  83. 角田貴也・鈴木啓悟・斎藤隆泰:ピッチキャッチ探傷に基づくコンクリート内在欠陥の検出,平成28年度土木学会全国大会, 東北大学川内キャンパス, CD-ROM収録, 番号I-458, 2016年9月8日発表
  84. 秋友誠・斎藤隆泰:E-MPS法を用いた橋梁上部構造の3次元破壊解析,平成28年度土木学会全国大会,東北大学川内キャンパス, CD-ROM収録, 番号I-428, 2016年9月7日発表
  85. 森亜也華・斎藤隆泰:レーザー超音波可視化試験を応用したCFRPの弾性定数の推定とEFITによる超音波シミュレーション,第19回応用力学シンポジウム講演概要集,pp.237-238,北海道大学,2016年5月22日発表,講演番号(100119)
  86. 斎藤隆泰・下田瑞斗・廣瀬壮一:演算子積分時間領域境界要素法を援用した異方性板内部の欠陥に対する順解析および逆散乱解析,第19回応用力学シンポジウム講演概要集,pp.35-36,北海道大学,2016年5月21日発表,講演番号(100018)
  87. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:境界要素法を用いた等方弾性体と異方性飽和多孔質弾性体の動的連成解析,第19回応用力学シンポジウム講演概要集,USBメモリ収録(原稿番号:100084),北海道大学,2016年5月21日発表
  88. 丸山泰蔵・斎藤隆泰・廣瀬壮一:き裂面の接触音響非線形性による分調波発生現象の3次元数値シミュレーション,第19回応用力学シンポジウム講演概要集,USBメモリ収録,北海道大学,2016年5月22日発表
  89. 斎藤隆泰:種々の波動問題に対する演算子積分時間領域高速多重極境界要素法の開発,JHPCN:学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第8回シンポジウム,2016年7月14日,品川グランドセントラルタワー 3F
  90. 稲垣祐生・斎藤隆泰:時間領域境界要素法を用いた横等方性板内部の欠陥に対する逆散乱解析,平成28年度非破壊検査協会秋季講演大会講演概要集,pp.3-4,(2016),ハーネル仙台,2016年10月6日
  91. 森川光・市川諒・斎藤隆泰:等方性および異方性弾性体の接着不良箇所に対する非線形超音波法適用の検討,第44回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-14,2017年3月7日発表,埼玉大学
  92. 森亜也華・斎藤隆泰:レーザー超音波可視化試験を用いたCFRP板の異方性弾性定数の推定,第44回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-15,2017年3月7日発表,埼玉大学
  93. 市川諒・斎藤隆泰:2次元弾性波動問題に対するイメージベースFEM・演算子積分時間領域BEM結合解法,第44回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-59,2017年3月8日発表,埼玉大学
  94. 稲垣祐生・斎藤隆泰:2次元面外異方性弾性波動問題に対する周波数領域高速多重極境界要素法,第44回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-60,2017年3月8日発表,埼玉大学
  95. 大芦健太・斎藤隆泰:時間反転法を用いた2次元異方性材料中の欠陥形状再構成に関する研究,第44回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-66,2017年3月8日発表,埼玉大学
  96. 伊藤司・市川諒・斎藤隆泰:2次元動弾性問題に対する演算子積分時間領域アイソジオメトリック境界要素法,第44回土木学会関東支部技術発表会 講演概要集,I-67,2017年3月8日発表,埼玉大学
  97. 稲垣祐生・斎藤隆泰・古川陽・廣瀬壮一:オーステナイト系鋼材中の欠陥に対する2次元逆散乱解析,第20回応用力学シンポジウム講演概要集,pp.167-168,京都大学,2017年5月21日発表,講演番号(C000093)NEW!
  98. 古川陽・斎藤隆泰・廣瀬壮一:凍結した多孔質体の面外波動解析のための演算子積分時間領域境界要素法,第20回応用力学シンポジウム講演概要集,USBメモリ収録(原稿番号:100129),京都大学,2017年5月20日発表NEW!
  99. 溝上尚弥・中畑和之・森亜也華・斎藤隆泰:レーザースキャンによる音響異方性を有するCFRP中の超音波の可視化と弾性スティフネスの推定,第20回応用力学シンポジウム講演概要集,pp221-222,京都大学,2017年5月発表,講演番号(C000120)NEW!
  100. 斎藤隆泰:非均質・異方性材料中を伝搬する弾性波動解析手法の開発と非破壊検査への応用,JHPCN,学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点第9回シンポジウム資料集,p.25,2017年7月13日,品川グランドセントラルタワー 3FNEW!
  101. 伊藤司・斎藤隆泰:2次元弾性波動問題における演算子積分法を利用したアイソジオメトリック境界要素法,日本応用数理学会2017年度年会講演予稿集,pp.11,武蔵野大学有明キャンパス,2017年9月6日発表NEW!
  102. 大芦健太・斎藤隆泰:時間反転法を用いたFRP中の欠陥形状再構成に関する研究,平成29年度土木学会全国大会,九州大学,CD-ROM収録,番号I-126,pp.251-252,2017年9月11日発表NEW!
  103. 稲垣祐生・斎藤隆泰:オーステナイト系鋼材中の欠陥に対する2次元順解析および逆散乱解析,平成29年度土木学会全国大会,九州大学,CD-ROM収録,番号I-119,pp.237-238.2017年9月13日発表NEW!
  104. 野口豪気・斎藤隆泰:MPS法を用いた異方性材料中の2次元弾性波動解析,平成29年度土木学会全国大会,九州大学,CD-ROM収録,CD-ROM収録,番号CS13-007,pp.13-14,2017年9月11日発表NEW!
  105. 藤縄和宏・斎藤隆泰・今井済・山添智・佐藤明良:開口合成法を用いた円形ポリスチレン中の欠陥の逆解析,平成29年度土木学会全国大会,九州大学,CD-ROM収録,番号I-135,pp.269-270,2017年9月11日発表NEW!
  106. 斎藤隆泰・今井済・山添智・佐藤明良:屈曲CFRP構造内部の層間剥離による超音波散乱シミュレーション,平成29年度土木学会全国大会,九州大学,CD-ROM収録,番号I-125,pp.249-250,2017年9月11日発表NEW!
  107. 溝上尚弥・中畑和之・斎藤隆泰:レーザー超音波法による超音波伝搬の可視化と弾性定数推定の試み,平成29年度土木学会全国大会,九州大学,CD-ROM収録,番号I-376,pp.751-752,2017年9月13日発表NEW!

競争的資金獲得実績

  1. 2005年 東京工業大学創立120周年記念海外渡航助成
  2. 2006年〜2008年 特別研究員奨励費(研究代表者)
  3. 2009年〜2010年 科学研究費補助金若手研究(B)(研究代表者)
  4. 2009年〜2011年 科学研究費補助金基盤研究(B)(研究分担者)
  5. 2009年 福井大学工学研究科競争的配分経費(研究分担者,移動により中途辞退)
  6. 2010年 日本学術振興会平成22年度国際学会等派遣事業(構造工学・地震工学・維持管理工学)
  7. 2010年 財団法人みずほ学術振興財団平成22年度工学研究助成(研究代表者)
  8. 2011年〜2013 科学研究費補助金若手研究(B)(研究代表者)
  9. 2011年度〜2013年度 独)日本原子力研究開発機構先行工学基礎研究(分担)
  10. 2012年 中島記念国際交流財団日本人若手研究者研究助成(研究代表者)
  11. 2012年〜2013年 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究(研究分担者)
  12. 2012年〜2015年 科学研究費補助金基盤研究A(研究分担者)
  13. 2013年 日本非破壊検査協会海外発表奨励金(研究代表者)
  14. 2014年 群馬大学理工学研究科若手研究助成(研究代表者)
  15. 2014年 三菱財団自然科学研究助成(研究代表者)
  16. 2015年〜2017年 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究(研究代表者)
  17. 2016年 H28年度小野音響学研究助成基金(研究代表者)
  18. 2016年 第30回リバネス研究費L-RAD賞(研究代表者)
  19. 2016年 群馬大学科学技術振興会海外渡航助成
  20. 2017年 平成28年度科学技術融合振興財団調査研究助成 (研究代表者)NEW!
  21. 2017年〜2020年 科学研究費補助金基盤研究(B) (研究代表者)NEW!
  22. 2017年〜 高橋産業経済研究財団助成金 (研究代表者)NEW!

基調講演,ワークショップ,招待講演等

  1. 斎藤隆泰:列車走行に伴う環境振動・騒音の三次元解析に関する研究,計算数理工学フォーラム,東京工業大学,(2007)
  2. 斎藤隆泰:Lubichの方法を用いた時間領域境界要素法,第5期第5回土木学会応用力学委員会計算力学小委員会,土木学会,(2009)
  3. 斎藤隆泰:定量的超音波非破壊評価とその周辺技術について,福井大学産学連携本部,第3回原子力エネルギー研究部会,福井大学,(2009)
  4. 斎藤隆泰:演算子積分時間領域境界要素法を用いた波動解析,連続体力学の現象と数理U,九州大学,(2012年2月発表)
  5. 斎藤隆泰:弾性波動解析と超音波非破壊評価,現象解析特別セミナー第3回,群馬大学(2013年3月3日発表)
  6. 斎藤隆泰:波動解析と新しい時間領域境界要素法,愛媛大学第108回解析セミナー,愛媛大学(2013年7月5日)
  7. 斎藤隆泰:境界要素法を用いた波動問題へのアプローチ-従来法から最新の時間領域境界要素法まで-,京都大学学術情報メディアセンターセミナー (2013年9月24日)
  8. T. Saitoh:A convolution quadrature boundary element analysis of elastic wave interaction with a crack, 5th asia pacific congress on computational mechanics & 4th international symposium on computational mechanics (Dec. 2013, SINGAPORE)
  9. T. Saitoh:Time-domain boundary integral equation method and its application to ultrasonic non-destructive testing,京都大学RIMS研究集会,京都大学(2016年12月7日)NEW!
  10. T. Saitoh:Forward and inverse scattering analyses for anisotropic elastodynamics and their application to ultrasonic nondestructive testing, 波動・振動・流れの制御と逆問題 -理論と数値計算-NEW!

学会等での活動

  1. 2007年〜土木学会計算力学委員会委員
  2. 2008年〜International Scientific Advisory Board of Boundary Element Techniques
  3. 2008年12月 鉄道力学シンポジウム,境界領域セッションオーガナイザー
  4. 2010年 5月 日本計算工学会:波動解析と理工学問題への応用オーガナイザー
  5. 2011年 5月 日本計算工学会:波動解析と理工学問題への応用オーガナイザー
  6. 2011年 1月〜土木学会応用力学委員会委員
  7. 2011年 1月〜2015年12月 土木学会応用力学委員会幹事
  8. 2011年〜2012年 土木学会全国大会プログラム編成委員
  9. 2011年 土木学会イノベーション推進小委員会委員
  10. 2011年〜2013年 理論応用力学講演会運営委員会委員(土木学会)
  11. 2012年〜2013年 理論応用力学講演会運営委員会幹事長(土木学会)
  12. 2016年1月〜 土木学会論文集A2(応用力学,特集号)論文編集委員(計算力学)
  13. 2016年4月〜 土木学会計算力学小委員会幹事(土木学会)NEW!
  14. 2016年4月〜 日本計算数理工学会(JASCOME)監事NEW!
  15. 2016年〜2017年 日本非破壊検査協会 非線形現象を利用した非破壊計測技術に関する研究会委員NEW!
  16. 2017年3月〜 第20回応用力学シンポジウム運営委員NEW!
  17. 2017年8月 第64回理論応用力学講演会:メンテナンスのための力学問題オーガナイザーNEW!
  18. 2017年8月 第64回理論応用力学講演会:逆問題の広がりとその解析手法 -トモグラフィからデータ同化まで-オーガナイザーNEW!

学会での座長

  1. 2007年12月 計算数理工学シンポジウム2007
  2. 2009年6月 International Symposium on Speed-up, Safety and Service Technology for Railway and Maglev Systems (STECH'09)(境界領域セッション)朱鷺メッセ,新潟
  3. 2009年12月 計算数理工学シンポジウム2009,京都大学
  4. 2011年5月 第15回計算工学講演会,(波動解析と理工学問題への応用),九州大学
  5. 2011年5月 第16回計算工学講演会,(波動解析と理工学問題への応用),東京大学
  6. 2011年9月 土木学会全国大会,(計算力学(3)),愛媛大学
  7. 2012年9月 土木学会全国大会,(計算力学(2)),名古屋大学
  8. 2013年11月 計算数理工学シンポジウム,高速解法,洞爺観光ホテル
  9. 2013年12月 5th Asia pacific congress on computational mechanics & 4th international symposium on computational mechanics (APCOM2013),Advanced Boundary Element Methods and Application,Singapore.
  10. 2014年4月15日 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (Compsafe2014), MS-16: Computational Technologies in Diagnosis and Prognosis of Infrastructure, 仙台国際センター, Japan.
  11. 2014年5月10日 第1回応用力学若手ワークショップ(土木学会),琉球大学
  12. 2014年5月11日 第17回応用力学シンポジウム(土木学会),琉球大学
  13. 2014年6月17日 The fifth US-Japan NDT symposium (Pipeline NDT), Maui beach and golf resort, Maui, Hawaii, USA.
  14. 2014年9月27日 第63回理論応用力学講演会,(メンテナンスのための力学問題と逆解析)
  15. 2014年9月28日 第63回理論応用力学講演会,(波動現象の数理とその応用)
  16. 2014年12月6日 計算数理工学シンポジウム2014, (数値計算法2)
  17. 2015年3月6日 第42回土木学会関東支部技術研究発表会, (計算力学(2))
  18. 2016年1月30日 第23回超音波による非破壊評価シンポジウム, (理論・モデリング)
  19. 2016年3月14日 第43回土木学会関東支部技術研究発表会, (計算力学(1)/衝撃・破壊問題(2))
  20. 2016年12月2日 計算数理工学シンポジウムJASCOME2016, 呉羽ハイツ, (逆問題)
  21. 2017年5月20日 第20回応用力学シンポジウム,計算力その4NEW!
  22. 2017年9月11日 第72回土木学会全国大会,(計算力学(1)),九州大学NEW!

バナースペース

群馬大学

〒376-8515
群馬県桐生市天神町1-5-1, 7号館4階413号室

TEL 0277-30-1610
FAX 0277-30-1610